HOME > 採用情報 > 先輩からの声

採用情報

先輩からの声1

飯島 龍児(2010年入社)

職種:現場施工管理

現在の仕事について教えてください

大きいところで言えば鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造に限らず、共同住宅・一般住宅・公共施設など様々な建築の施工管理に携わっています。
小さいところで言えばマンション一室の改修工事、外壁改修工事などです。
改修工事はお客様と直接打合せなどを行い、ご希望の形に近づけていきます。

仕事のやりがいについて

施工管理は責任のある大変な仕事です。
建築は大規模から小規模の仕事がありますがお金を出すお客様からしてみれば大金であることに変わりありません。
ましてや、建築というのは費用だけでなく、工事に携わる人の数や工事期間等がかかる為中途半端な気持ちで出来る仕事ではありません。
私たちを信頼し、任せてくださったお客様に対して親切、丁寧、誠実に施工を行います。そして完成した建物にお客様が満足してくださった時に「やりがい」を感じます。

入社当時との違いについて

学生時代に学んでいたことが実務ですぐに役に立つわけではありません。毎日が勉強の連続です。
先輩方に比べればまだまだですが確実にスキルアップはしていると思います。それが自信にも変わってきます。
全然分からなかった数学が公式を学んでいくことでどんどん解けていくそんな感じです。最近は理解できる内容も増え、楽しくもなってきました。

将来の夢・目標

現在、入社3年目ということで新築の現場を1人で任されてやることはありません。先輩の下で一緒に現場の仕事をしています。
今後は建築関係の資格に挑戦し、自分のスキルを向上させていきたいと思っています。

私から見た湯建工務店

大手建設会社と比較すると、たしかに小さい会社です。ですが、そんな会社だからこそコミュニケーションもとりやすく、社員同士仲良くやっています。若い世代の社員が多いということも関係あるかもしれません。
また、「建物に対する誠実な考え方」「お客様に対する親切な姿勢」をとても重要に考えている会社だと思います。

先輩からの声2

清水 悠平(2010年入社)

職種:現場施工管理

現在の仕事について教えてください

新築される建物を設計図を元にし、どの様に工事を進めていくかを検討し、各種工事の業者を管理・指導する職業です。

仕事のやりがいについて

規模が大きく一度に大きなお金が動く仕事なので、湯建を信頼して任せていただいたそれに伴う責任感は強く感じます。

入社当時との違いについて

入社時は右も左も分からず、先輩の指示に従い、仕事をしてきましたが、経験を重ねるごとに責任感が増し、社会人としての自覚が芽生えてきたと思っています。

将来の夢・目標

今までの経験をフルに活かして、自分の家を建てるというのが目標です。
まだまだ先の事になりますが、必ず達成したいです。

私から見た湯建工務店

地域に根付いた、地域愛のある会社です。

ページトップへ