HOME > 湯建の家づくり - 3世代暮らせる家へ -

湯建の家づくり -3世代暮らせる家へ-

家づくりは住まい手とつくり手とのコラボレーション

湯建の家づくりは、住む人の「夢や思い」が反映され、
豊かな生活を送ることができるように、
私たちは、お客様と共感できるオンリーワンの住まいづくりを続けてまいります。

直接施工

湯建工務店は、お客様の理想を実現するために「直接施工」を心掛けています。

各現場に現場監督を常駐させることで、「お客様」⇔「現場監督」⇔「各職方」のコミュニケーションがすぐに取れ、
お客様の声が現場にすぐに反映できる体制を整えています。

湯建では、「お客様の声」を第一に考え、「直接施工」により、施工プロセスを100%把握することで、建物の品質向上を実現しています。

下請方式の場合、価格に中間マージンが上乗せされることになり、また、下請工務店の施工技術にばらつきがあり、お客様の声が現場に反映されにくい。

販売代理店の場合、価格にメーカーマージンが上乗せされ、代理店が下請工務店に工事発注を行い、現場の責任は代理店になる。
お客様の声が現場に反映されにくい。

地域密着

2010年1月1日 もちつき大会大田区の建物を造り続けて64年。地域の街づくりに貢献いたします。

創業以来、一貫して品質の高い建物づくりを目指してきた湯建工務店は、時代とともに進化する工法や建物の最も重要な基礎づくりに力を注ぎ地域の特性やお客様の状況に合わせた住宅提案を行い、設計から施工・アフターメンテナンスまで「一貫体制」を確立してきました。
地域の未来を見つめ、お客様が相談したい時に迅速に対応できるように、営業エリアをすぐに駆けつけられる地元地域でこれからも地域貢献に努めてまいります。

地域から頂いた利益を地域社会に貢献したい、そんな思いから湯建工務店では、定期的に感謝祭イベントを行っています。

イベント詳細はこちら

湯建の技術

湯建工務店では、主に4種類の工法建物を提案しています。

1.木造在来工法
コンクリートの基礎の上に土台を置き、それに柱と梁などを組み合わせて建物を建築する工法で、
建物のそれぞれの長さが自由に決められるので、他の工法よりプランニングの自由度がもっとも高い工法です。
狭い土地や変形敷地に対応できる柔軟性や、部分的な修繕・改築を行うことができるのがメリットです。
2.木造SW工法
SW工法は、木造軸組み工法をベースにした高気密・高断熱・高耐震構造です。
高性能スーパーウォール・パネルや計画換気システムにより、耐震強度はもちろん部屋ごとの温度差が小さく、
また換気システムにより家の中はいつもきれいな空気で子供から高齢者まで家族がいつも健康で快適な暮らしを実現できます。
なおかつスーパーウォール工法は、お客様のご要望で和風から洋風まで自由な設計が可能です。
構造部分で決まる住まいの基本性能を大幅に向上します。構造部分で決まる住まいの基本性能を大幅に向上します。
3.重量鉄骨工法
軽量鉄骨よりも厚み重さのある鉄骨を使った工法です。柱と梁で建物を支えます。
頑強な建物としてマンション、ビルなどの建築物に多く用いられ、建物の形状、間取りの自由度がかなり高く、大空間も可能です。
4.鉄筋コンクリート工法
鉄筋コンクリート造とは、引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートの長所を生かした構造です。
コンクリートはアルカリ性なので鉄筋が錆びるのを防ぐ役割も果たします。
鉄筋は引っ張り力に強い半面、圧縮力に弱い。逆にコンクリートは圧縮力に強く耐火性にも優れているが、引っ張り力に弱い。
この両者を補い合う形で考えられたのが鉄筋コンクリート造は、型枠を組むことができればどんな建物の形にすることも可能になり、
一戸建てからマンション・ビルまで幅広い用途の建物に適しています。

次世代エコ住宅はこちらリフォームはこちら

ページトップへ